2011年06月13日

翻訳サイト

海外用アプリ(又は複数言語対応アプリ)を作る時のお話。

私は生まれも育ちも日本です。Made in japanです。
ということで日本語以外の言語は苦手です。(日本語も苦手です)

そんな私ですがGUIを英語で作らなきゃいけない場面があったりします。
まぁ正確な英語が必要なときはちゃんと翻訳屋さんに頼むんですが、それでもデバッグ時に文字化けされると困ったりするので、とりあえずな英語が必要になります。

でもとりあえずな英語なのでほとんど翻訳サイト任せだったりするんです。


今までは、「翻訳」でぐぐる -> トップにくる「エキサイト 翻訳」で翻訳
としていたんですが、あまりにひどい訳になります。
もともと開発者用の辞書なんて使ってないんだろうから、当たり前だと思い特に気にしていなかったんですが・・

ある時IEのタブにBing Translatorがあったので、こいつに訳させてみました。

びっくりするくらいちゃんと(?)訳してくれました。GUIに表示するとりあえず英語なら十分な結果だと思ってます。
さすがは開発者に優しいMicrosoft、と一人感動中。


これで私の英語力が向上することはさらになくなるでしょう。(・∀・)
Visual Studioのおかげで開発力も衰えている気がするし、Microsoft恐るべし。

posted by ぷにお at 11:40 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。