2015年09月29日

iOS9にしたらiPadでスプラッシュスクリーンが出なくなった

Visual Studio 2015+Xamarin(現時点でのStable最新)を使っています。

スプラッシュ(Launch Image)はStoryboardを使わず、Asset Catalogも使わないやつで出しています。(プロジェクトのプロパティ開いて画像を選択やつ)

テンプレートで作ったプロジェクトの「Launch Storyboard」を消せば出来上がりです。
キャプチャ4.PNG


このアプリをiPhone系で実行すると起動時にLaunch Imageがでますが、iPad系では真っ黒のままです。

iPad Launch Imagesはちゃんと設定されているのに・・・。
キャプチャ3.PNG

この設定を削除してみます。(クリックすれば消せます)
キャプチャ0.PNG

768×1004の画像を指定するようになっています。(指定していた画像はもちろん768×1004でした)


しかしAsset CatalogなどではiPadのLaunch Imageは768×1024のはずなので、ここを左記サイズの画像にしてあげます。
サイズを変更してから指定しようとしても
キャプチャ2.PNG
こんな感じです。徹底してますね。


ということで768×1004の画像を指定したあと、その画像をリサイズします。
キャプチャ1.PNG

サイズが違うっぽい警告が出ていますが違うのはお前の方だ。

ビルドしてシミュレータで動かしてみます。
キャプチャ5.PNG

でました。
マゼンタの部分が広げた部分です。


iOS8までは出ていたのにー、と悩んでいる人が他にいたら参考にしてみてください。
これからはStoryboardを使うようにした方がいいんでしょうね。



posted by ぷにお at 16:47 | Comment(0) | Xamarin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。